Hatena::Groupstock

投資哲学論考(続・資産運用ぶつぶつ) RSSフィード

本部|| EX| SS| BG| MP| LD| JG| 預金封鎖店| YL| MSN| TC| FC| 地所店| 冒険店| FB履歴
[Rankin': blog| w2blog]
309593 #
 | 

2004年08月04日(水書籍:「サラリー」論。―給料のしくみと所得

[][]書籍「サラリー」論。―給料のしくみと所得倍増の法則 書籍[[「サラリー」論。―給料のしくみと所得倍増の法則]] - 投資哲学論考(続・資産運用ぶつぶつ) を含むブックマーク はてなブックマーク - 書籍[[「サラリー」論。―給料のしくみと所得倍増の法則]] - 投資哲学論考(続・資産運用ぶつぶつ)

はじめに 「年収300万円」でも幸せになれる人、やっぱりなれない人

第1章 サラリーパーソンでも収入は倍増できる!

第2章 「黒目」のサラリーはこう変わる

第3章 年収の「壁」

第4章 キャリアの「壁」を超えるには

第5章 「サラリー+キャリア」アップ・プラン実例篇 

おわりに 「お金で得られる幸せ・お金で買えない幸せ」

*「所得倍増」のための9ヶ条 

*「キャリアアップ」のための10ヶ条 



[][]書籍ソロス 書籍ソロス - 投資哲学論考(続・資産運用ぶつぶつ) を含むブックマーク はてなブックマーク - 書籍ソロス - 投資哲学論考(続・資産運用ぶつぶつ)

稀代の投機家にして巨万の富を築いた男、ヘッジファンドの帝王,アジア金融危機の原因を作った男

――ジョージ・ソロス氏だ.70歳を超えた今も、その力は金融界,国際政治にも影響を与える.「国境なき政治家」「自らの外交政策を持つ唯一の民間人」などと呼ばれる.

本書は、元ニューヨーク・タイムズの記者が、ソロス氏が支援するハンガリーの雑誌の編集に関わったのをきっかけに、これまで本人の口からは公にされることのなかった“立身出世の物語”を、膨大な資料を基にまとめ上げたもの。

投機家としての側面,100億ドル以上を費やしてきたという世界規模の慈善事業について、また、哲学者を目指したユダヤ青年の夢と挫折について詳しく解説していく。

「多くの金持ちは、財産が増えるにつれ、いろいろな贅沢ごとに手を伸ばすものだが、ソロスはそうしたものにはさっぱり興味が湧かなかった」という。彼の目的は国家や民族のしがらみを解き放った「開かれた社会」の実現であり、今後もそれに向かって大胆な行動を起こすだろうと予測する。

トラックバック - http://stock.g.hatena.ne.jp/stock/20040804
 |