世界金融恐慌序曲

  

歴代投資本ランキング 2005-2009

 
            投資ベストセラー本2009
         ☆§☆§☆§☆§☆§☆§☆BKネタ帳夏季停電対策資産運用用語 Like! §☆§☆

世界金融恐慌序曲

世界金融恐慌序曲~危機管理の資産運用~

大竹愼一

大竹といえば、1990年代には銀行・生保破綻、日経平均10000円割れを予想的中させ。その後、リーマンブラザーズ破綻、メリルリンチ吸収を予言した。自称マイノリティの彼がこんどはまさにリーマンショックの最中に、大竹愼一が出した本。

サブプライムショックは2007年には始まりつつあったので、その時この本があれば、今日、何が起こっていたのかわかるはずだったのに。

曲がり屋、武者陵司は2007年についに曲がり、ブル転換し、世界帝国論をいった。その途端に、この繁栄は崩れていったのである。だが大竹はこの世界景気を、日本のチープキャピタル+アジアやインドのチープレイバー、低金利アメリカの消費とみていた。これが崩れるとき、つまり日本0金利解除、中国人件費上昇、アメリカ利上げによって早晩逆回転するとみていたのである。実際、サブプライムローン金利更新時に前より金利が上がっていれば破綻することが見えていたので、知っているものには予想というより当たり前すぎることが起こったに過ぎない。

本書では、なぜこんな金融恐慌になってしまったのか。どうすればこの蟻地獄から逃げることができるのか。誰も教えてくれないことが書いてある。とかいっても投資に関わりそうなのは5章の会社実名をあげての分析だ。彼の前著が気に入った方にはいいと思う。

世界金融恐慌序曲~危機管理の資産運用~

世界金融恐慌序曲~危機管理の資産運用~: 大竹 愼一: Amazon.co.jp: 本

目次

第1章 円キャリと金融恐慌

第2章 デカップリング説は成り立たない

第3章 今後のビッグピクチャー

第4章 大竹式危機管理術

第5章 生き残る企業、逝く企業

終章 畑を耕せ、森へ帰れ—日本再生への一歩

億超えトレーダーが絶対に教えたくない アベノミクス株投資の法則  億超えトレーダーが絶対に教えたくない アベノミクス株投資の法則 画像 投資刊
あわせて読みたい語学ワインGデザイン