コナーズの短期売買入門

  

歴代投資本ランキング 2005-2009

 
            投資ベストセラー本2009
         ☆§☆§☆§☆§☆§☆§☆BKネタ帳夏季停電対策資産運用用語 Like! §☆§☆

コナーズの短期売買入門

コナーズの短期売買入門 (ウィザードブックシリーズ)

本書はあの“Short Term Trading Strategies That Work? : A Quantified Guide to Trading Stocks and ETFs”『魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』のローレンス・コナーズの本。噂では百数十冊を超えるパンローリング・ウィザードブックの中でも総合で五指に入る秀作らしい。

実は

「ストップは置くな!」「オーバーナイトで儲けろ!」

だった?!

ローレンス・A・コナーズ, シーザー・アルバレス?

コナーズの短期売買入門 (ウィザードブックシリーズ)

 コナーズの短期売買入門 (ウィザードブックシリーズ)

1990年代後半からトレーディング業界には大きな変化があった。トレード手法に関する情報が激増、トレード戦略を数値で示す技術が発達。今ではエクセルで検証作業は数分で終わってしまう。そのため数多くあったエッジ(優位性)は消え、市場が効率化してしまった。しかし・・

本書では、世の中が大きく変化するなかで、昔も儲って、今も変わらず儲かっている手法を伝授するよ!。

著者のトレード哲学は「平均値への回帰」である。

意味はただ、行きすぎたものは必ず元に戻るということ。それを数値で客観的に示していく・・。

短期トレードではブレイクアウト戦略といわれる。しかし押し目買い戦略のほうが有利であることを、統計的に示していくのだ。また「ストップを置く」「オーバーナイトはリスクが高い」などのトレードでは常識と思われていたことが非常識になっていることも統計的に示していく。

本書の戦略は、すべて10年以上の研究によって裏付けされている。それぞれの戦略のルールとその戦略の検証結果を読者の皆さんに紹介する。日足を使った戦略を探している読者の皆さんにとって、本書は最高の手引書となるだろう。 トレードは仕掛けて終わりではない。適切に仕切れば、仕掛け時のエッジを最大限に引き出すことができる。そこで、いくつかの出口戦略とその戦略の有効性を証明する統計を見ていく。


目次

第1章 はじめに

第2章 「人とは違う発想を」――ルールその1「押しで買い、ブレイクアウトで買ってはならない」

第3章 ルールその2「急落後に買い、急上昇後に買ってはならない」

第4章 ルールその3「株は200日移動平均線の上側で買い、下側で買ってはならない」

第5章 ルールその4「VIX指数を味方に付けろ――不安に思ったときこそ買い、欲が出たときこそ売れ」

第6章 ルールその5「ストップは痛い」

第7章 ルールその6「オーバーナイトが儲けるコツ」

第8章 日中での下落を買う――エッジをさらに強めるために

第9章 2期間RSIトレーダーにとって聖杯か?

第10章 ダブル7戦略

第11章 月末戦略

第12章 5つのマーケットタイミング戦略

第13章 出口戦略

第14章 心理

第15章 最後に

付録 ラリー・コナーズ提供トレード資料

無料トレード戦略――短期株トレードで成功するための5つの秘訣

億超えトレーダーが絶対に教えたくない アベノミクス株投資の法則  億超えトレーダーが絶対に教えたくない アベノミクス株投資の法則 画像 投資刊
あわせて読みたい語学ワインGデザイン