なぜか日本人が知らなかった新しい株の本

  

歴代投資本ランキング 2005-2009

 
            投資ベストセラー本2009
         ☆§☆§☆§☆§☆§☆§☆BKネタ帳夏季停電対策資産運用用語 Like! §☆§☆

なぜか日本人が知らなかった新しい株の本

ディレクトリ>>投資>>株式>>書籍書棚


企業の本質価値を知ることに全力を注ぐ本。なぜか日本人が知らなかった?というのは著者が若いから(笑)

なぜか日本人が知らなかった新しい株の本

株式投資に必要なことは、たった二つしかありません。 それは、

1.株の価値と価格(株価)の“差”を見抜くこと

2.その差が解消される“ストーリー”を知ること

です。 本書は、この2点に着目して書きました。

私の本職は、企業のM&Aですが、たった一株を買うときも、会社を“丸ごと”買収するときもまったく同じように考えます。それは、その企業の本質価値よりも安く株を仕入れるということです。そのためには、企業価値を見抜く必要があります。 本書では、個人投資家に向けて、この企業価値評価をできるだけシンプルに説明しました。すぐに実践できるよう企業価値評価に必要な情報源についても紹介しています。

本書を片手に、実際に株の価値を算定してみることをお勧めします。このやり方で本当に株で利益を上げられることがわかったら、本書の巻末で紹介するもっと本格的な財務や会計の本を読んでみて下さい。

PERPBRといった指標をもとにしたスクリーニングだけでは、本当の割安株は見つからないのです。 本書では、誰でも5分でざっくり企業価値を算定するための方法を紹介します。この方法を使って実際に投資をしている人は今の日本にはほとんどいませんから、一度コツを覚えてしまえば、他の人に圧倒的な差をつけられます。


著者:山口揚平

トーマツコンサルティング、アーサーアンダーセン、デロイトトーマツコンサルティングを経て、現在、M&Aコンサルティングファーム勤務。これまでに多数の大型買収案件に参画するなかで外資系ファンド投資手法や財務の本質を学ぶ。


目次

第一章 株式投資で儲けるしくみ

 1.株式投資はやっぱり有利?

   - 100万円の正しい使い道は?

   - ギャンブルは最後に必ず損をする

   - 生命保険は悲惨なギャンブル

   - 小さな確率、大きな代償

 2.株で儲けるしくみ

(コラム)ユダヤ人、貨幣の本質を知る

第二章 「価値」ってなに?

 1.価値は、「利益」と「リスク」の天秤の上にある

   - なぜ不動産投資の利回りは6~9%なのか?

 2.株の価値だって簡単にわかる

 3.価値のしくみがわかれば投資の本質が見えてくる

   - 利回りの大きさにはなんの意味もない

   - 株価の下落は実は「買い」

   - 「株」も「預金」も本質は同じ

(コラム)現金はそんなに偉くない 

第三章 企業の価値を暴きだせ!

 1.企業価値を出す前に知っておくべきこと

 2.5分で弾ける株の価値

 3.割安株をどのように探すのか?

(コラム)PERPBRROEの愉快な関係

第四章 価値の「源泉」を見抜くには?

 1.結果をもたらす原因に目を向けよ

 2.市場の魅力度とは何か?

 3.強いビジネスモデルとは?

 4.それを横展開できるか?

 5.目をつけるべきは、小型・割安・成長株

(コラム)バフェットからの卒業

第五章 なぜ株価は上がるのか?

 1.株式投資とは、価値と価格の差を見抜くゲーム

 2.株価が上がるきっかけは?

 3.良い投資先の条件はたったの2つ

 4.有望株はどんな株?

 5.株式市場の4種類の投資家たち

(コラム)長期投資の罠

第六章 「感情の罠」にはまらないために

 1.なぜ株で損をするのか?

 2.「感情の罠」が自然に損を引き寄せる

 3.投資家に救いはあるか?

 4.投資に役立つ7つの習慣

(コラム)株式投資は手段か目的か?

おわりに

知っておくと便利な12の指標

個人投資家に役立つ情報源

億超えトレーダーが絶対に教えたくない アベノミクス株投資の法則  億超えトレーダーが絶対に教えたくない アベノミクス株投資の法則 画像 投資刊
あわせて読みたい語学ワインGデザイン